無職でも借りれる消費者金融はあるの?

実は今、体を壊していて仕事ができません。仕事時代に貯めた貯金は使い果たしてしまいそうです。仕事ができれば一番いいのですが、それが無理な以上、何とか他の手段でお金を調達していかないと、と思っています。そこで、消費者金融を利用することを考えたのですが、「普通、無職の人には貸してくれないよ」と友人に言われてしまいました。このあたりの事情を教えてください。

まず、無理だと思いましょう

無職でも暮らしていくにはお金がかかるもの。仕事をしようと思っても見つからない場合は金策に困ってしまうはずです。そこで、消費者金融を使う、ということが選択肢として上がってくるのでしょう。それでは、現実問題として、無職の人は消費者金融を利用することができるのでしょうか。結論から言えば、「まず無理でしょう」というのが本当のところです。理由を挙げて説明します。

第一に、「仕事(パート、アルバイトでも可)何らかの安定した収入が継続的にあること」を貸付の条件に掲げている消費者金融がほとんどだからです。消費者金融の会社は、基本的に「お金を返してくれそうな人にしかお金は貸さない」ものです。(こちらもご参考に→消費者金融を利用しやすい職業って?

無職、ということは、安定した収入がない、ということを意味します。申し込んだとしても、相当なマイナス点となって結局申し込みに通らないことが考えられます。

第二に、「総量規制」の規定があるからです。これは、「年収の3分の1を超える貸付はしてはいけない」という貸金業法の規定です。転職の間の無職期間ならともかく、長い間無職であった場合は、年収はないに等しいはずです。そこでの3分の1だから、貸付できる金額がいかに少ないかお分かりいただけるでしょう。

銀行のカードローンは貸金業法の規制外なので、この限りではありません。しかし、先にも述べた理由から、借入をするのはかなり厳しいはずです。大手の会社はまず無理と考えましょう。「無職なのに借金があって、それが返せない」という場合は、債務整理や過払い金請求などの手段を考えたほうが得策かもしれません。

無職でも借りれる消費者金融は注意が必要です

スマートフォンや携帯電話やパソコンから、いつでも気軽にお金を借りる事ができるとして、今では消費者金融が身近な存在になっています。

コマーシャルでも毎日見るようにもなり、一般の人達にもキャッシングが身近な存在となりましたが、消費者金融のキャッシングはお金を借りる事には審査が必要で、満20歳以上の安定した収入がある方が条件でパートやアルバイトの主婦や学生の方、もしくは専業主婦で夫の収入が安定した方で返済能力に見込みのある方が融資を受ける事ができます。

無職でも借りれる消費者金融とは、一般でいう闇金業者の事で一般の金融機関の消費者金融よりも利息が高く、無職の方でも審査などはなしでお金を借りる事ができるので、後々トラブルになってしまう事があり注意が必要です。

無職でも借りれる消費者金融では、お金の融資をとても簡単に受ける事ができ、利息分がとても高いので返済時には融資を受けた金額の数倍や、数十倍などといった金額を請求される場合があります。

トラブルをさけるためにも、しっかりとした審査を受ける事が安全にお金を借りる前の前提でもあり、後々返済ができなくなってしまい取り立てが家にまで来るような事のないように、お金を借りる前は注意が必要です。

消費者金融では安定した収入の見込みがない方は審査が通らない場合があり、本人確認の証明なども必要になってくるので、融資を受ける前は審査がきちんと通ってから融資を受ける事ができますので、トラブルなどもなく計画的にキャッシングができます。

消費者金融によって、オペレーターと直接話しができて相談や疑問なども問い合わせをする事ができるので、初めてのキャッシングの際でも安全で安心のできるキャッシングができます。

無職の人は基本的に収入がないと判断され、ほとんどの消費者金融では審査が通りにくいからといって無職でも借りれる消費者金融を利用する事で、倍以上の返済額を支払わなければならないので注意が必要です。

【参考ページはこちら】
無職でも借りられる激甘消費者金融、信用できる?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【消費者金融一覧】3分で見つかる!借りれる会社ばっかり! All Rights Reserved.